オフィスや病院でも活躍

2014年2月26日 / 未分類

ウォーターサーバーは、オフィスや病院などでよく設置されている、冷水とお湯がいつでも利用することができる器具です。

最近では施設だけではなく、自分の家庭に設置する人も増えてきました。

世界的にはずっと前から利用されてきましたが、水道水を飲む習慣がある日本では、

美味しい水を買って飲む天然水ブームを期に普及してきました。

ウォーターサーバーを提供する会社は数多くあり、どのように会社を選ぶのかが重要です。

会社により、提供される水質、料金、サーバーの大きさ、ボトルのタイプなどが違うので、

自分が何を重視するのか、設置するのに必要なスペースはどのくらいかを比較検討する必要があります。

ウォーターサーバーの料金は、サーバーのレンタル代、水代、送料代、電気代、メンテナンス代、解約時にかかる費用などがあります。

サーバーのレンタル料金は、無料の会社もあれば1000円前後のところもあります。

水代は頼む水の種類によっても違いますが、バナジウムが含まれていたりなどこだわった水になると金額が高めになります。

一般的に電気代が高いと言われていますが、1ヶ月1000円程度と電気ポットを使用した場合とほぼ同額です。

会社によって大きく違うのがメンテナンス代で、無料の会社もあれば年間5000円かかる会社もあります。

解約金については、契約時に特に話がなくても利用規約に記載されている場合があるので、契約時に必ず確認することが大切です。

レンタル代や水代だけではなく、これらの費用をトータルで考え、信頼のできる会社のウォーターサーバーを利用することをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る